トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 東京都議会第1回定例会
平成29年 定例会

2017年2月22日 東京都議会第1回定例会

初日、自民党は公明党をはじめとする全会派の賛同を得て議員提出議案3件を上程し、直ちに採決。全議員賛成で決定しました。

それは、都議会議員の報酬を2割減額し約1372万円にする。月額60万円の政務活動費を50万円に減額。論会議や委員会に出席で支給される1万円か1万2千円の交通費を島しょの議員を除き全廃しました。
都政改革に向け、都議会議員自らがみを切る改革を率先実行する決意を都民に示すものです!

また、23名からなる豊洲市場移転問題調査特別委員会(百条委員会)を全員賛成のもと新たに設置しました。
都議会での設置は12年ぶり。

市場が建設された土地の所有者だった東京ガスと都の用地取得交渉。
市場の主要建物下に盛り土が行われていなかった経緯。
築地市場から豊洲市場への移転に関する経緯及び両市場の適正性。
豊洲市場建設工事における契約事務。
その他調査に必要な事項の5項目が調査されます。

尚、百条委員会はより調査権限が強く虚偽証言などに罰則規定が有り、特別な理由が無い限り出席要請を拒否出来ません。
これにより、豊洲市場移転問題特別委員会は廃止されることが議会運営委員会で確認されました。

特別委員会では、2月25日に百条委員会と合同で豊洲新市場の補助第315号線連絡通路部。
地下水モニタリング調査採水井戸。
仮設排水設備。
地下ピット部を視察した後、専門家委員会の平田座長、中島フェローとの意見交換を行います。

特別委員会副委員長の私としては、最後まで職責を全う出来ず解散することは残念です!

今後の百条委員会の質疑で全容が解明され、一刻も早く築地の業者の皆さんが安心して、商売出来る環境をつくること。
豊洲新市場の安全性が一日も早く証明され、知事が安全宣言出来る下地を議会が主導することが必要です!

いずれにしても前途多難と言えるでしょう。

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

平成28年度包括外部監査結果報告会

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ