トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> ミャンマー駐日大使閣下との意見交換会
ミャンマー駐日大使閣下との意見交換会

2012年12月19日 ミャンマー駐日大使閣下との意見交換会

日本・ミヤンマー友好東京都議会議員連盟を結成し、初めての公式行事としてキン・マウンティン大使閣下を都議会議事堂にお迎えし、意見交換会が行われました。

東京都からは、水道、下水道、スポーツ振興、福祉保健、産業労働の各局から幹部職員や、私たち議員連盟のメンバーをはじめ、伊藤儀典長が出席しました。

私たちは、来年12月ミヤンマーで開催される、第27回SEA GAMES を支援するため議連を立ち上げましたが、経済交流は勿論のこと、遺骨収集事業にもお手伝いしていきたいと考えています。

ミャンマー駐日大使閣下との意見交換会

日時:12月19日(水)13:30-15:00
場所:議事堂6階第一会議室
司会:ミャンマー議員連盟幹事長 鈴木隆道

 

開会挨拶・出席者
主催者挨拶
ミャンマー議員連盟 会長 吉野利明
ミャンマー議員連盟 顧問 野村有信

来賓挨拶
東京都副知事代理 東京都儀典長 伊藤秀樹 氏
ファッションデザイナー コシノジュンコ 氏

講話
ミャンマー連邦共和国駐日大便 キン・マウン・ティン閣下

上映
「SEAGAMES2013」の紹介映像

質疑応答等

閉会挨拶
ミャンマー議員連盟事務局長高橋信博

日本・ミャンマー友好東京都議会議員連盟 設立宣言書

"親日的ミャンマー"。日本とミャンマー(連邦)とは同じアジアにあって、歴史的、文化的、経済的に関わりの深い国です。そのミャンマーは、不幸にも長年にわたる経済制裁により国民の生活は厳しい環境を余儀なくされてきました。しかし、その経済制裁もミャンマーの民主化、解放政策により全面的解除を目前としています。これもミャンマー現指導者ティン・セイン大統領閣下の絶え間ない努力の賜物であろうと認識するものです。

我が国にとってミャンマーとは、米を主食とする食文化、心の糧とする宗教に仏教を共有し、互いに高い精神性を目指す国民性を共有しています。これは現在国際社会において稀な国家関係です。この様に稀有な日本とミャンマーの関係において二国間の友好を目指すことは当然の成り行きと理解し認識するものです。

特に、ミャンマーの最大の都市であるヤンゴンは、東京都が提唱して立ち上げた「アジア大都市ネットワーク21」の設立時からの会員都市であり、東京都とは、若者やスポーツの交流を通し、深い信頼関係を構築してきました。今後、ミャンマーの民主化が進んでいく中、アジア大都市ネットワーク21の共同事業等-の積極的参画を通じ、アジアの更なる発展に貢献していくことが期待されるところです。

今日ミャンマーは、2013年開催の国際スポーツイベント「27thSEAGAMES2013」、そして2014年の「ASEAN議長国」の命題があるとともに、電力、通信、金融をはじめ交通、道路、上下水道、福祉・環境施設など国内の社会基盤(インフラ)の整備が急務となっております。我が国日本にとっては、アジアにおける唯一の先進国として如何にミャンマーを支えるかと共に、かつての戦禍を顧み、ミャンマーに眠る英霊の遺骨収集も今なお大いなる課題です。

東京都都議会議員連盟は日本国首都東京として、スポーツ・文化、そして経済・産業の中心地として、大都市として有するその政策力を背景に、世界の平和、国際社会とのスポーツ・文化、経済・産業の交流と発展の為、ミャンマーとの友好を願い「日本・ミャンマー友好東京都議会議員連盟」の設立を宣言するものです。

平成24年11月15日
会長 吉野利明
顧問 野村有信
幹事長 鈴木隆道

関連資料
「27thSEAGAMES2013」資料

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ