トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 大田区 特別相談窓口を設置
大田区 特別相談窓口を設置

2012.10.24 中小企業金融円滑化法が2013年3月末に終了するのを受け、大田区が相談窓口を設置

大田区は、11月1日から、大田区産業プラザに、特別相談窓口を設置します。
区が利子の一部を7年間保証する制度で、13年3月末まで特例措置として条件緩和します。

最近3ケ月または、1年間売上高が前年、前前年と比較して10パーセント以上減少が条件でしたが、この度、5パーセント以上減少でも補助を受けられるようになります。

融資の限度額は、一社1,000万円。
同時に海外取引をおこなっている中小企業の資金や手続きの問題を受け付け、海外取引特別相談窓口を新設します。
まさに、東京都産業労働局とのチームプレーと言えます。

関連サイト
大田区ホームページ
金融円滑化法の終了を見据えた資金繰り等に関する特別相談窓口を開設し、中小企業融資あっせんの一部要件を時限的に緩和します
(平成24年11月1日(木曜日)から)
鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ