トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 東京都議会本会議
東京都議会本会議

2012年9月19日 平成24年第3回東京都議会定例会はじまる

石原知事の所信表明演説が行われました。
先ず、先般の水道関連施設の工事に関する水道局職員の不祥事について、率直にお詫びし、再発防止に万全を期し、信頼回復に全力を尽くすと発言されました。

尖閣諸島を巡る問題について、国が地権者と購入の契約をして、引き続き、政府の言う、平穏かつ安定的な維持及び管理を続ければ、島を荒廃させるだけで、領土は守れない。
最低でも、日本の零細な漁民のため、海が荒れた時に一時的に小さな漁船が待避できる船留まりの整備、尖閣近海での漁業無線の交信が可能となるよう電波中継基地を整備、灯台、有人の気象観測所を作る必要があると訴えました。

また、現政権に期待することは出来ない。
国家を想う国民の志である15億円もの寄付金は、島の活用をすべく、新しい政権に確と迫ると発言しました。

アジアの中心的な役割を担う東京の質を高めるため、東京を高度防災都市に創り変える。

そのため、地域防災計画の見直し素案を策定。議会、都民、国民の意見を踏まえ11月に計画を改定する。

木造住宅密集地域は、区から提案のあった12地区全てを不燃化特区として、先行実施地区とする。地元区と連携し、整備計画を策定し、今年度中に、不燃化特区制度を創設する。

区部東部のゼロメートル地帯と臨海部を守るための水門、防潮堤、下水道ポンプ所を総点検し、具体的な整備計画を策定し、損傷によって甚大な被害が生じる箇所は、直ちにに対策に着手する。

東京を動かすエネルギーを確保するために、地域独占の電力供給体制を改める。
そのため、奥多摩の都の水力発電所で生み出した電力を、東電以外の事業者にも売却可能とするよう、条例の改正を提案。

ロンドンオリンピック、パラリンピックの東京のメダリストを顕彰するため、都民スポーツ大賞を贈呈。 合わせて、金メダリストには、東京都栄誉賞を贈る。
など。

最後に、今、この国に求められていることは、敗戦以来、わが国に取りまいてきた悪しきものと決別すること。
そのために、日本の頭脳部、心臓部たる東京こそが、果敢に行動を起こしていく。と、力強く締めくくりました。

演説の後、北浦雅子さん、山田禎一さんを名誉都民とする提案に同意。
10月4日まで論戦が戦わせられます。

鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ