トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 自由民主党全国政調会長会議
自由民主党全国政調会長会議

2012年4月9日 自由民主党全国政調会長会議

例年自民党本部で行われている47都道府県の政調会長会議が被災地仙台で開催されました。

私は、都議会自民党の政調会長として出席。
昨日はお花見ラッシュを回り、22時過ぎの仙台入りとなりました。

午前9時仙台市駅西口バスロータリーから、谷垣総裁、茂木政調会長も加わり、バス2台、乗用車2台で名取市の海岸線にある、災害廃棄物の中間処理基地である宮城県が設置した二次仮置き場を視察。

名取市内から運ばれたがれきが選別され、広域単位で処理を受け入れる都道府県を待ち、可燃、鉄類、木材などに分別され、山のように積まれています。

粉砕されたがれき、いくつもの墓石が整然と並べられています。

名取市が設置した焼却プラントでも処理されており、その現場も視察しました。
1号炉は3月30日から、2号炉は4月末から稼働します。

宮城県内15市町を5ブロックに分け、現在2252万8千トンのがれきがありますが、350万トンは海中にあるとのこと。
東京都は、石巻ブロックの女川町の44万4千トンのうち、10万トンのがれきを3月1日から受け入れています。

この宮城県の20年分以上の膨大ながれきを平成26年3月までに3年間で処理することを目標としており、膨大な量の廃棄物の処理を効率よく進めるため、処理業務について、ブロック別にプロポーザル方式で民間業者に一括してプラントを発注しています。
日量1500トン処理できるということですが、江東区の清掃工場は18000トンで同規模です。

関連サイト

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ