トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 厳しい経済環境と都民の雇用不安への対応を求める緊急要望
厳しい経済環境と都民の雇用不安への対応を求める緊急要望

2011年11月24日 厳しい経済環境と都民の雇用不安への対応を求める緊急要望

13時、宮崎幹事長、代理、三役、代行の7人で佐藤宏副知事室を訪れ要望書を手渡しました。
要望は以下の通りです。

要望書全文

厳しい経済環境と都民の雇用不安への対応を求める緊急要望 中小企業対策・雇用対策については、都はこれまでも、我々の強い要望を受け、都内中小企業の経営の安定や都民の不安解消に向けて、様々な施策を講じてきているところであります。

平成23年度は、3月に発生した東日本大震災の影響や夏以降の歴史的な円高の進行など、都内中小企業を取り巻く経営環境は予断を許さない状況となっています。また、雇用情勢も9月の有効求人倍率は、0.85倍と1倍を下回り、失業率は4%台の水準が続くなど、依然として厳しいものとなっています。

こうした中、年末を控え、下記の対策を実施することを強く要望いたします。

  1. 中小企業対策
    資金需要が増える年末に向けて、制度融資や都独自の保証付融資制度の実施などにより、中小企業の資金繰りに万全を期すとともに、年末の特別相談窓口の設置を要望します。
  2. 雇用対策
    都民の雇用への不安は大きく、雇用の場の確保に加え、日々の就業等の問題を抱える都民に対し、適切な相談態勢を整備することを要望します。

鈴木晶雅(すずきあきまさ)

鈴木晶雅(すずきあきまさ)


トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ