トップページ >> 議会活動 >> 都議会情報 >> 議長不信任
議長不信任

2011年10月18日 議長不信任

昨日の議会運営委員会は、理事会は午後3時30分。
委員会は4時に開会する予定でしたが、断続的な民主、自民、公明の話し合いが続き、理事会が始まったのは午後10時をまわっていました。

議会ルールを無視して、和田議長は続投の構え。
前議長の残任期間1年という取り決めを覆し居直ったのです。

東京都議会史上初めての議長不信任が賛成多数で可決されました。
この日副議長は慣例に従い、公明党の鈴木副議長から選挙で、ともとし副議長が当選されました。

和田議長の不信任が可決されたため、議場には戻れず、ともとし副議長が全ての議事支配を行い、議員提出議案第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会東京招致に関する決議も、自民.民主.公明の3党合同提案で可決されました。

今日、何とか全議案を可決し、第3回定例会を閉じることができましたが、11月30日に召集される第4回定例会に我々は出席できません。
不信任が可決された議長が召集する本会議に出るわけにはいかないためです。

政治家にとって出処進退がその本人の品格を決めるといっても過言ではありません。

鈴木晶雅(すずきあきまさ)
トップページプロフィール議会活動地元活動後援会情報お問い合わせ